八月のシンデレラナイン(ハチナイ)の主題歌はプリンセス プリンセスの大ヒットナンバー「世界でいちばん熱い夏」。 声優陣(西田望見、南早紀、近藤玲奈、井上ほの花)がカバーしています!

プリンセス・プリンセスの情報

プリンセス プリンセス(PRINCESS PRINCESS)は、日本のガールズロックバンドである。活動期間は1983年 - 1996年および2012年 - 2016年。ガールズバンドのパイオニアとなり、ヒット曲を連発。女性のみで構成されたバンドの中で、商業的に日本で最も成功したグループである。
略称は『プリプリ』。

引用元:Wikipedia


「世界でいちばん熱い夏」(せかいでいちばんあついなつ)は、プリンセス プリンセスの2枚目及び8枚目のシングル。オリジナル版は1987年7月16日発売、平成版が1989年7月1日発売。発売元はCBSソニー(現・ソニー・ミュージックレコーズ)。

レコードでの最初の発売時はバンド自体の知名度がまだ低く、オリコンシングルチャートにチャートインしなかったが、その後のブレイクで2年後にシングルCDとして再発売された。

オリコン集計でミリオンセラーを達成した「Diamonds」には至らなかったものの、同社集計で80万枚を超えるヒットとなり、2作連続のオリコンシングルチャート1位、更に同チャートの年間チャートでも2位を記録。「Diamonds」と1・2位を独占した。同チャートの年間1・2位独占は、前年の光GENJI(「パラダイス銀河」「ガラスの十代」)に続く史上3組目の記録である。総売上枚数は86.5万枚。

引用元:Wikipedia

カバーした声優に収録後インタビュー

cast-photo-01nishida-img01

有原翼役-西田望見さん
原曲を聞いたときから「熱くてさわやかな青春!」という印象があって、作品にもぴったりだなと思っていたのですが、実際に歌っているときも「青春」を感じられてすごく楽しかったです!
自分自身の青春を思い出すような感覚でした。果たしてあったのか……という疑問はあるんですけど(笑)。歌いながら気をつけたところは、熱さの表現です。出しすぎると必死に聞こえてしまうし、セーブしすぎても青春感が薄れてしまうし……。ちょうどいい熱さを見つけるのが難しかったですね。

cast-photo-02kondo-img01

東雲龍役-近藤玲奈さん
今回収録した「世界でいちばん熱い夏」は『八月のシンデレラナイン』用にアレンジされているんですが、すごくさわやかで大好きです!
青い空の下で龍ちゃんが歌っている様子をイメージしながら、とても気持ちよく収録ができました。じつは私、原曲を聴いたことがなかったんですが、家で歌の練習をしていたら母が「この曲、大好きなの!」と、原曲が発売されたころのことを話してくれました。それから何度も何度も聴いているうちに、今では私も母と同じくらいこの曲が大好きです!

cast-photo-03minami-img01

野崎夕姫役-南早紀さん
レコーディング自体、初めての経験だったのですごく緊張していたんですが、終わってみるととても楽しい収録になりました。
原曲も有名ですし、もちろん私も知っている曲だったので、そんな有名な曲を歌うことにドキドキしました。また歌詞やメロディーに『八月のシンデレラナイン』とリンクしている部分を感じて、楽しく歌うことができました。
cast-photo-04inoue-img01

河北智恵役-井上ほの花さん
「世界でいちばん熱い夏」というタイトルなので、作品に登場するキャラクターの絆や情熱をたくさん想像しながら、楽しく歌わせていただきました。
実際に収録をしてみて、歌詞の最後の「愛してる」の部分がすごく難しくて……。普段はなかなか言わない言葉なので「どうしよう……」と少し悩んだのですが、家で飼っているワンちゃんのことを思い出しながら、「あいしてる〜〜〜♥」と、ありったけの想いを込めて歌いました!
他にもインタビューあり!
詳しくはコチラ


プリプリが歌う原曲も素晴らしいですが今回の声優陣のカバーも今風にアレンジされていてカッコいい!そのうちフルで配信してくれないかなー。
他のキャラが歌う「世界でいちばん熱い夏」も聴いてみたいですね!